FullSizeRender

6月27日(土)須磨海岸はキス釣り絶好調!ピンギスが多いけど、たくさんいるのが嬉しいです。

でも、ちょっと分かってる人と、そうでない人でかなり差がでていますね。

ぼちぼち釣ろう!

btは釣ろうと思えばなんぼでも!状態だったので、釣るときは真剣に、抜くとこは抜いてぼちぼち釣りました。


FullSizeRender
鼻水みたいやなぁ。ダサ

お昼からは西エリアから須磨浦漁港、駅前まで細かく回って、よく釣れる場所を調べて来ました。
みんなに釣って欲しいから。
ぜんぶ教えます!
誰でも釣れる秘密も最後に晒します。笑

その代わり、食べ切れる分だけ釣る、場所は譲り合う、ルールは守る、でお願いします。

釣りの世界では先にいる人が優先です。
隣に入る時は、必ず声をかけて了解を得てから釣りをしましょう。
断れない気の優しい釣り人も多いですから、ちょい投げでも5m以上、遠慮気味に離れて釣りましょう。


西エリア
4本目、5本目の間の波打ち際

西に行くほど、キスはたくさんいました。
特に多かったのがここで、目を三角にして鬼になれば200匹は釣れそうでした。爆

FullSizeRender

キスが居るのは波打ち際から、深くなるところ。
目でも見えますが、これをかけ上がり、ドロップオフといいます。

FullSizeRender

ちょっと遠くに投げて静かに引いてきて、止める。
アタリがなかったら少し位置をズラす、でたくさん釣れるはずです!
エサは針ちょうどに小さく付けましょう。

ちなみに満潮時はこんな近くにもキスはたくさんいましたよ。

FullSizeRender

西エリアは他の場所でも、20匹くらいは釣れますから、混んでても大丈夫です。
満潮時は防波堤に渡りにくいけど、砂浜から十分釣れます。

FullSizeRender
3本目と4本目の間

FullSizeRender
2本目と3本目の間

どの場所も釣れるので、海の底を見て、色が濃くなる場所の向こうに投げて引いてくる、でお願いします。

ただ駅前寄りの場所は、人が多かったせいかキスが少なめに感じました。

こういう状況を、叩かれてる、叩かれすぎ、といいます。

✌️西エリアへの行き方から避難経路まで


須磨浦漁港
北側ロープ際の足元
ちょい投げでも釣れるんだけど、一番簡単でサイズも良かったのがコレ!

FullSizeRender

バーチカルな攻め。
と言えばカッコいい、竿から真っ直ぐ下。
近くを釣るときは、遠めに投げて引いてくる、と覚えてね。
アタリが来たら、ゆっく〜り、ゆっく〜り竿を上げてみる。

乗らなかったら、静かにもう一度仕掛けを底に落としてみよう。

FullSizeRender

くれぐれもロープに仕掛けを引っ掛けないように。
それと東の角の方はサビキをしている人がいるので邪魔にならないようにしよう。

駅前
一番西側シモリのムコウ

今日一番楽しく、たくさん釣れたのがここの砂浜!
お昼でも1時間の間に10匹くらい釣れました。
FullSizeRender

ここは毎週紹介してますが、今日のポイントは波打ち際ではないよ。


先週とでは、アオサが溜まる位置が変わっていたから。
さてここの最善手は!

FullSizeRender

30〜40mにあるアオサのムコウに50m投げて、超スローでズル引き!

逆に言うと、動かさないと釣れません。
テンコチが釣れてしまったら、ほんの少し速く。

エサは5mmくらいでもガンガン来ました。

アオサゾーンに入ったら、竿を立てて極力引っ掛からないように引き寄せます。
時々隙間があって、そこでアタリが来ることもありましたよ。

FullSizeRender

ここはとても遠浅なのでアタリが、カンカン激しく伝わって来て、もう快感!
遠くで乗せると気持ちいい!

エサが無くならなかったら、まだ釣っていたと思います。

FullSizeRender

✌️その他のポイントはこちらから!


ジェット天秤は使わず
キスキャロで!

今日のキスは岩とかアオサとかかけ上がりとか際とか、これらをストラクチャーとか、カバーというのですが、そのとても近くに隠れている傾向が強かったです。

そんな、近くて、引っかかりやすい場所にジェット天秤は向きませんよね。
アオサが引っ掛ってくる場所で使うと、大量のアオサと綱引きをすることになります。

FullSizeRender



キスを怖がらせて、散らしてしまわないように、極力小さなオモリを使いましょう。
そこで、キスキャロです!
キャロライナリグのキス版、キスキャロなら砂浜も、漁港も、遠くも、足元もこれひとつです!

FullSizeRender

道糸に中通しオモリ2号(1/4oz)くらいを通し、(できればシモリ玉を入れて)ヨリモドシで止めて市販の1本針か仕掛けを付けるだけ。

FullSizeRender

針7号、ハリスは短め
針はいろいろ試しましたが、とにかく釣りたい人は7号以下を、小さなキスは釣りたくない、と言う人は8号以上を使ってください。


小さなキツネ針1号や2号は釣れるのですが、慣れない人にはエサがつけにくいかも。


またキスが元気な夏なのでハリスの長さは30cm以内にするのがキャッチ率アップの工夫です。
また市販仕掛けは、全長が1m以内の2本針までがキャロには無難です。



btの仕掛けはこれ!
btはキスキャロでも、タングステンシンカーとビーズを使います。

FullSizeRender

タングステンシンカーは高価ですが、小さく、よく飛び、感度がよく、根掛かりしにくいおもりです。


それでは明日も、安全で楽しい釣りを!
もし質問とかあったら海でも気楽に話しかけてください。




ダイワのタングステンシンカーが
結構良かった!